2007年04月28日

web小説 Season 〜Chapter01-春〜 フミツキマサヒト

久々の小説レビュー。どーも、ヘボラマンです。

さて、本日レビューする小説は相互リンクサイトAqua Rainbowのフミツキマサヒトさんの作品「Season 〜Chapter01-春〜」を紹介します。

――あらすじ――
岸部統也と涼倉春菜は幼なじみ。
 二人はクラスの仲間たちを交えつつ、面白おかしく日々を過ごしていた。
 いつまでも続いてほしいと願ったこの心地よい関係は、しかし時とともにゆっくりと変わっていくのだった……。

さて、「Aqua Rainbow」の主力作品であり、全四部作の「season」シリーズの第一部「Season 〜Chapter01-春〜」。実はこの私、第一部第一話が連載されていたときからずっと読ませてもらっているファンの一人だったりします。ええ。こうして、マサヒトさんから書評依頼が来たときには、嬉しさのあまり小一時間小躍りしてました。
まぁ、うだうだな前置きはいいとして、今回紹介する「Season 〜Chapter01-春〜」は全五話構成の中編の作品です。ジャンルとしては学園もの+幼馴染み。といった具合でしょうか。幼馴染み同士である岸部統也と涼倉春菜がお互いの気持ちに気づき、恋人同士に変わっていくというストーリーです。
では、これから細かいところを見ていきましょう。

この作品を読んでいて、一番に感じたことはものすごく構成に凝っているなぁ、ということでした。
基本的に、中編くらいの作品となると、先の展望をしっかりもち、さらに回収しやすく興味を持たせられる伏線を張ることが大切になります。
本作品は起承転結がきっちりと構築されており、登場するキャラクターの数も無理がなく、かつ個々人がいい具合の性格、特性を持っていたと思います。
特に、主人公岸辺統也たち仲良し四人組のメンバーが実に濃い。統也と春菜のそれぞれの親友、杉沢健二、藤河りのは大変いいキャラだと思います。少しばかり、主役である幼馴染み二人のキャラが薄いなぁと感じていたのですが、その分この二人はかなりキてました。何度、この二人が絡む掛け合いに噴き出したことか。


「お前のせいで俺まで補習だぞ!? どうしてくれる!?」
 ツバが飛びそうなくらいの口調でまくし立てるが、統也は既に諦めきった顔で答える。
「お前だって居眠りしてたんだから当然だろ?」
 至極真面目な意見だが、健二は納得しない。
「いや! 俺は悪くない! お前だ! お前が全ての元凶だ! というわけでお前で決定だ!」
「何とでも言えばいいけどさ、もう俺らの死期は決まっちまったんだぜ? 一緒に黄泉路逝こう」
「いやだぁ! 俺はまだ逝きたくねぇ! 俺は逃げるぞ!」
「でも逃げたら、間違いなく処刑でありますよ?」
 りのの返答に健二は思わず絶句する。もちろん彼女が言った『処刑』とはあくまで冗談だが、あの森高女史ならやりかねないと、この場にいる四人は思った。
「あ〜ぁ。ついてねぇな」
 ついに健二も観念し、カツカレーに手をつける。
「二人とも……。災難だね」
 春菜は心配そうに二人を見やる。
「まぁ……。こんな日もあるさ」
「これが最後の晩餐になるかもな……」
「杉沢君、どうせ言うなら最後の昼餐じゃない?」
 春菜が訂正するが、既に死期を悟った二人の耳には届かない。
「ハルちゃん……。せめて二人が無事天に召されるようにお祈りするであります」
「いや……。本当に死ぬわけじゃないんだからそれは……」
「岸部君、杉沢君! りのたんは今日というこの日に二人に会えたことを、決して忘れないであります!」
『藤河!』
 りのの言葉に感極まった二人は、りのの手を取る。
(ど……どうしよう……?)
 春菜だけはどうしていいかわからず、泣きながら手を取り合う三人を呆然と見ていた。


また、全体的に台詞主体の作品だったのですが、その台詞のやりとりに違和感がなく、テンポが良かったので、全体のバランスが損なわれず、コミカルで愉快な作品に仕上がっていました。まぁ、そうでなければ私がファンになるわけないのですが^^;
凝っていたり、難しい表現などはありませんが、その分愉快な掛け合いに、ふっと肩の力を抜いて読むことが出来ます。流石、ラノベ風小説と謳っているだけあって、気軽に読めるまさに"ライト"な作品になっていました。
伏線も実際にそんなあからさまなものはなかったのですが、読み終わったあとに「えっと、これ、結局何だったの?」と思わせるようなものもなく、読者に謎を残したり、引っかかりを残したりすることはなかったと思います。最後の場面も、きれいにまとめられていて良かったかと。


ここで、少しだけ気になった点を。
起承転結をしっかりと踏襲し、整った構成であったのですが、少しばかり後半部分、特に第四話、第五話に焦りが見られました。実際に連載中、四話五話を執筆してる際、ものすごく完結を焦っているようなコメントもありましたので、きっとそれが影響していると思うのですが、とりあえず、四/五話の部分がだいぶ勇み足になっており、読者に少し置いてけぼりをくらわせるような形になっているような気がしました。導入部分が大変良かったので、後半の焦りは結構残念なものでした。もし、この作品が全五話ではなく、全八話ほどであったなら、全体的にバランスよい作品であったかもしれませんね。

魔法も、戦闘も、さらには超常現象もなーんにも出てこない普通の学園ストーリー。だからこそ、意外と楽しく読める。何となく、親近感を持つことが出来る。
作者の目指す「ライトノベル風味の小説」というものはしっかりと実現されていると思います。
私としては、とても楽しんで、力を抜いて読める作品でした。
現実味のあるライトノベル。いいじゃないですか。とっても。
読み終わったあと、温かな気持ちに満たされる。こう、締めくくって、今回の書評は終わりたいと思います。

掲載サイト Aqua Rainbow
掲載ページ Season 〜Chapter01-春〜
作者    フミツキマサヒト


posted by ヘボラマン at 15:39| Comment(27) | TrackBack(5) | 小説レビュー 角川文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。